読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから

未来のビジョン

物より情報!2020年以降の世界は大切なことが変わっている

 

 

f:id:youji82:20160610225131j:plain

 2011年に東日本大震災が起こってから、5年が経過しました。

この5年安倍政権がとったアベノミクスは、結局何の成果も出していないというのが現実のように思います。

日銀がじゃぶじゃぶとお金を市場に投入しても結局株価は、17000円を超えられないわけです。

今年入ってものすごい金額を市場に投入しているわけですが、結局デフレ脱却の兆しはまったくありません。ユニクロの高級デニム事業の失敗で50%近い利益減とか如実にデフレ脱却が難しいことを表していると思うんです。

国民は国が思っているよりも賢いんです。少子高齢社会・人口減などのやばい状況の中お金使わないでしょ。心底もう物はそんなにいらないなと思うのです。

農業革命~工業革命・・・時代は情報革命まっただなか

200年前農業革命によって、ハイスピードで農作物の生産性が上がりました。

100年前工業革命が起こり、物は安価で大量に生産されるようになりました。

日本では高度経済成長期にテレビやエアコン、車をみんながみんな買いそろえました。

1995年以降パソコンが家庭に普及しはじめ、2007年にiPhoneが登場。個人がインタネットを介して情報を得たり、発信し始めます。これまでの言い方でいえば情報革命。

同時にいろんな人の価値観とか多様性を認め合う風潮が一気に増してきて、人それぞれ自分が必要とする情報を瞬時に得ることが可能になりました。

機械事態で物事を判断できる、人工知能の進化も目にすることが増えています。

さらにコンピューターが感情を持つことは、物理的に可能だそうです。

グーグルで検索して調べることも、個人の感情に配慮した検索結果、質問の回答ができる時代が来るそうです。弁護士とか必要なくなると言われることに納得しました。

 

 

 情報の価値がインフレを起こす!仮想通貨の需要が増すワケ

弁護士がいらなくなるのは、人工知能が人が感じるよりも高次元で人の感情を察知、分析し、弁護士の役目を人がする弁護以上にこなすからです。

人工知能の進化が大きな価値を産むような気がしないですか・・・。

情報処理能力はものすごい速さで進化しているため、お金の価値が情報に対して追いつかずインフレを起こすそうです。

つまりお金よりも、情報の方が価値を持っている時代というわけです。

お金より価値を持っている情報の交換に用いる通貨として仮想通貨が登場しました。

 仮想通貨とは、デジタルな価値の表現で公権力に発行されたものではない通貨で、価値は市場が独自に決められる通貨です。ビットコイン(仮想通貨の一つ)がサイバー攻撃を受けて取引停止になったことは記憶に新しいところです。

日本でも三菱UFJ東京銀行が仮想通貨を発行するそうです。

なんでも大手銀行が仮想通貨を発行するのは世界で初めてなのだとか。

まだまだよくわからないことだらけで、現金を変えていこうとは決断できませんが、今後需要が伸びていくことは間違いなさそうです。

必要な価値を生みだせる人がもてる時代

価値が物から情報に移り変わっている・・・価値観、大切なことが変わってきていることを肌で感じている方も多いでしょう。

かつて3高(高学歴、高収入、高身長)がもてる必須条件みたいな時がありました。他の人より優れたものを持っている人=いい車にのっている、いい服を着ているなど・・・つまり高収入でブランドものを消費する人がもてはやされてきました。

何も当てはまらない自分を励ますつもりはないですが、みんなそこじゃないと気づきはじめてるのではないでしょうか。

見かけのよさは20代をピークに減衰していきますし、高収入だと生活レベルを上げているケースが多く、これからの時代大きなリスクになり得ます。

支出は増えるけど、収入は伸びにく要因がいっぱいだからです。その要因は、上にも述べた人工知能の進化や、外国人労働者の受け入れなどが大きく影響するでしょう。

結婚する相手は高学歴でお金を持っているというだけでなく、困難を一緒に乗り越えていけることや、励ましあいながら歩んでいけることが大切だと考える人が増えているそうです。

必要とされているのは物やお金よりも目の前に起こる問題を解決する能力です。

大切なことが変わる瞬間

問題解決能力は、高い意識を持って情報を得ることやいろんなことに挑戦することで高めることができます。

格差社会で不平等な世の中が到来するように感じられますが、覚悟と意識次第で幸せな人生を歩める可能性を秘めた時代です。

多種多様な人が存在する中で、一番の価値は人に羨ましがられるよりも、自分が幸せだと感じられる時間を過ごすことです。

だからこそ大切なのは物ではなくて、一人一人それぞれ違う幸せになるための情報やノウハウなのではないでしょうか。

人生をよりよくしようと挑戦し、一緒に困難に立ち向かっていく有志に出会えたならきっと尊い人生になるはずです。

ちょうど140年前、高知の坂本龍馬は時代の変化をとらえ脱藩し多くの有志と、時代の変遷に尽力しました。歴史は繰り返す。 

2020年東京オリンピック以降に大きな変化が訪れる予感がします。